スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食事バランスガイドで、健康的な食生活をチェックしよう

健康は、バランスのとれた食生活から始まります。

 ビタミン、カルシウムをしっかり摂り、塩分、脂質はひかえめにとは、知識としては知っていても、毎日のメニュー選びとなると、好き嫌いや習慣、気分まかせになっていないでしょうか。一人暮らしや、家族が都合で別々に食事をしていると、ついつい食生活は偏りがちになります。

偏った食生活が続くと、肥満や生活習慣病を招いてしまいます。でもカロリー計算をしたり、栄養を常に考慮するのは大変なことです。

 そこで、食生活バランスを図れるようにと、「食事バランスガイド」なるものが、平成17年に厚生労働省と農林水産省から発表されました。これは栄養の知識がなくても、1日の食事の摂取量の目安をイラストで示したものです。

「食事バランスガイド」は、コマのような形をしていて、コマの本体は1日の食事バランスを示し、軸は必要不可欠な水分です。コマのひもは「菓子・嗜好飲料は楽しく適量に」で、コマを回すのは適度な運動です。これらが揃えば、コマが安定して回転し、私たちの健康を維持することができることを意味しています。

 コマの本体は、
  (1)主食(ごはん・パン・麺)
  (2)副菜(野菜・きのこ・いも・海藻料理)
  (3)主菜(肉・魚・卵・大豆料理)
  (4)牛乳・乳製品
  (5)果物
 の5つのグループに区分されます。

それぞれについて、成人1人が1日に食べる料理の組み合わせと量を表しています。量の単位は、1食の標準的な量を1サービング(SV)として、1サービングを「1つ」と表記しています。

 1日に摂取する量の目安は、大体、以下の通りで、主食は5~7、副菜は5~6、主菜は3~5、牛乳・乳製品は2、果物は2です。メニューは替わっても、この目安を守っていれば、バランスのよい栄養と必要なエネルギーを摂取できるということです。

食事バランスガイドの使い方
 たとえば、1日のうちの主菜の選び方として、食事バランスガイドに主菜の料理例としてあげられているのは、1つ分=冷やっこ・納豆・目玉焼き、2つ分=焼き魚・マグロとイカの刺身・魚の天ぷら、3つ分=ハンバーグステーキ・豚肉のしょうが焼き・鶏肉のから揚げなどです。

 あなたが朝食で目玉焼きをひとつ食べれば、1つ(SV)とカウントされます。さらにランチにハンバーグステーキを食べると、3つ(SV)が加算され、主菜は3~5が1日の目安ですから、朝と昼で4つ(SV)となり、夕食は1つ(SV)のものを選ぶことになり、ここでは1つ分の納豆か冷やっこを選ぶとよいでしょう。

 朝はパンとコーヒーのみ、昼は焼き魚(2つ分)定食という場合は、夜には3つ分の主菜、豚肉の生姜焼きを選ぶことで、合計5つ(SV)になります。

使い方が判れば、早速、今日からバランスのとれた食生活のために、食事バランスガイドを活用して、健康で美しい毎日を過ごしましょう。

詳しくは、

農林水産省/食事バランスガイド

http://www.maff.go.jp/j/balance_guide/index.html

を参考に、

ヘルシーな美人になれる温泉活用術とは

温泉旅行といえば、友達と楽しく騒いだり、のんびり情緒にひたるのを目的に行くことが多いのですが、温泉はもともと、病気の回復や予防、健康の促進にさまざまな効果を持っています。ヘルシーな美人になるために、積極的に「湯治」の効果を利用しましょう。

温泉の効用は、新陳代謝が活発にし、疲労回復、免疫力増強します。さまざまな成分が皮膚から体内に吸収され、薬効を与えます。リラックスして、ストレスを解消します。

けれども、より効果をアップさせるためには、効果的な入浴法も知っておきましょう。

メイクしたままお湯に入ると、温泉成分が肌に浸透しないし、毛穴から老廃物が出るのを妨げますから、必ずノーメイクで入るようにしましょう。

また、湯船に入る前には血圧に気を付けて、心臓から離れた手足から「かけ湯」をして、ゆっくり入ります。

最初の入浴時間は、5分以内程度で、慣れるにしたがって長くしますが、1日に2~3回が適当です。
水圧が強いので、湯船の中で、肩まで長時間つかるとグッタリしてしまいます。半身浴にするなど変化をつけましょう。

温泉の成分は皮膚から浸透しますので、入浴後は上がり湯などで洗い流さない方がいいです。しかし、肌がピリピリするなど刺激のあるときは、我慢しないでお湯で流してください。

汗が出て体内の水分が減少していますので、上がったら必ず、お茶やミネラルウォーターなどで水分補給しましょう。

リラックスするとともに、温泉成分を、しっかり肌から吸収させ、肌美人になりましょう。

ホテル ザ・マンハッタン スイートエステティックサロン

近代的な都市空間を一望できる、「ホテル ザ・マンハッタン」10階のホテル直営、

スイートルームをリノベーションした白亜のサロンは、客室ならではのくつろぎ感

とスタイリッシュさを併せ持ち、非日常へと誘います。個室で行われるのは、アロ

マオイルを取り入れたOZ限定トリートメントです。流れるような手技は、肌から

心へと響き、贅沢なリフレッシュを叶えてくれます。
※女性限定

約100㎡のスイートルームを、女性らしさを伴う白を基調にしたサロンに改築し、各

プライベートルームには1920年代の『VOGUE』の挿絵をさりげなく飾り、客室のよう

な落ち着きのある空間を作り出しています。施術時は、ブラインドを下げて、照明

もダウンしますので、自分だけの癒しのひとときを満喫できます。

--------------------------------------------------------

60分プラン  「ランチ付きフェイシャル&リフレクソロジー」
14800.-

カウンセリングでアロマオイルを選び、ひざ下までのフットリフレクソロジーとフ

ェイシャル、デコルテのトリートメントを堪能できます。仕上げは、肌質別のパッ

クで透明感のある肌に導きます。


1.アロマブレンドオイルを肌になじませたら、身体の不調をチェックしながら、足

裏のツボを刺激し、適度な加減でひざ下までをマッサージし、リンパの流れを改善

していきます。(約20分)

2.肌別に選んだクレンジングミルクで、メイクや毛穴の汚れをしっかりオフ。その

後、ローズ系の香り漂う洗顔料をフェイシャルブラシであわ立て、やさしく洗って

いきます。(約10分)

3.フェイシャル専用の肌質別のアロマオイルで、フェイシャルからデコルテをマッ

サージし、仕上げにパックを施して、透明感のあるきめ細かい肌に導きます。(約

30分)


その後は、「ベラ・ルーサ」(フランス料理)で、シェフ渾身のコースランチを

OZ限定特典・月替わりのコースランチを堪能していただきます。 20種類以上の野

菜を使った滋味深い前菜や、盛り付けにもこだわりが生きたメインなど、ひと皿ひ

と皿に心ときめきます。

※ランチの時間は予約後、サロンよりご連絡いたします。
※メニュー内容は季節により変わります。

申し込みは、

オズモール ホテルスパ予約 の

ホテル ザ・マンハッタン スイートエステティックサロン】
http://www.ozmall.co.jp/spa/rsvlist.asp?spa_id=12

から、どうぞ。 

至福のひと時を、お楽しみください。

美と健康に重要な役割をもつコラーゲンの働き

コラーゲンの老化による影響は、血管の弾力性を減少させ、高血圧や動脈硬化を起こしやすくしたり、軟骨が

磨耗し、関節痛を生じたりします。鉄筋コンクリートに例えれば、骨のコラーゲンは、鉄筋の役目をして、カル

シウムをしっかりとつなぎとめる働きをしています。コラーゲンの老化は、骨粗しょう症を引き起こします。目の

水晶体に含まれているラーゲンが老化すれば、老眼や老人性の白内障を起こします。

このように重要な役割をしているコラーゲンは、常に体内で、分解と合成が行われています。 たんぱく質で

あるコラーゲンは、アミノ酸で構成されています。コラーゲンを含む食品を食べると、消化されてアミノ酸にまで

分解され、それが体内で再合成されコラーゲンができあがります。この再合成のためには、ビタミンC、酸素、

鉄や酵素などが必要です。つまり、コラーゲン再合成のためには、たんぱく質をとるだけでは十分ではなく、

野菜や果物をたっぷり食べてビタミンCをとることが必要です。

また、女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、コラーゲンを維持するのに不可欠のものです。ダイエットや

生理不順の影響で、エストロゲンの分泌が低下すれば、コラーゲンも減少し肌のハリが失われるのです。

コラーゲンを維持するためには、普段の生活や生理周期にも気を配ることが大切で、バランスのよい食事や、

早寝早起きするという生活リズムも大事です。季節に応じたスキンケアで紫外線を防ぎ、禁煙することも重要

です。夜更かしも、肌の新陳代謝に悪い影響を与えます。規則正しい生活を心掛けましょう。

張りのある美肌を与えてくれる、コラーゲン

人間の体重の約20%が、たんぱく質で、そのうちの30%がコラーゲンです。人間の体は60兆個という多くの

細胞からできていますが、細胞と細胞を接着剤のようにくっつけているのが、コラーゲンです。

コラーゲンは全身に分布し、特に皮膚や腱、骨、軟骨、血管などに多く含まれています。皮膚にあるコラーゲ

ンは、肌にハリやみずみずしさを与え、、軟骨ではクッションの役目をして、関節の負担を和らげています。

また、血管に柔軟性を与え、骨を頑丈にするといった働きもしています。

このように、コラーゲンは、体全体の健康を保つ上で、必要不可欠なものです。だから、コラーゲンが、不足し

たり働きが悪くなると、皮膚だけでなく骨や血管など、全身にさまざまな影響が出てます。逆に、コラーゲンを

良く保つことができれば、体全体を若々しく保つことが可能となります。

皮膚は、表面にある表皮と、その下にある真皮からできていて、このうちコラーゲンが含まれる真皮では、

コラーゲンの繊維が縦横にからみ合い、網目組織を作っています。この網目構造が、皮膚に弾力性と伸縮性

を与え、力が加わっても元の状態に戻る復元力を与えています。

コラーゲンの効果は美肌づくりの他に、骨や目の老化も防ぐのです。コラーゲンは、加齢とともに減少し、

紫外線や喫煙などの悪影響を受けて、コラーゲンの繊維が細くなり、絡み合いが少なくなると、皮膚の弾力性

がなくなり、結果的に、シワやたるみができ、笑ったときにできるシワが戻らなくなり、老けた印象を与えます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。