スポンサードリンク


エステで素敵な毎日をサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://mtesute.blog33.fc2.com/tb.php/84-a22dbe0d

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

エステで素敵な毎日をサイトトップ >エステ >>食事バランスガイドで、健康的な食生活をチェックしよう

食事バランスガイドで、健康的な食生活をチェックしよう

健康は、バランスのとれた食生活から始まります。

 ビタミン、カルシウムをしっかり摂り、塩分、脂質はひかえめにとは、知識としては知っていても、毎日のメニュー選びとなると、好き嫌いや習慣、気分まかせになっていないでしょうか。一人暮らしや、家族が都合で別々に食事をしていると、ついつい食生活は偏りがちになります。

偏った食生活が続くと、肥満や生活習慣病を招いてしまいます。でもカロリー計算をしたり、栄養を常に考慮するのは大変なことです。

 そこで、食生活バランスを図れるようにと、「食事バランスガイド」なるものが、平成17年に厚生労働省と農林水産省から発表されました。これは栄養の知識がなくても、1日の食事の摂取量の目安をイラストで示したものです。

「食事バランスガイド」は、コマのような形をしていて、コマの本体は1日の食事バランスを示し、軸は必要不可欠な水分です。コマのひもは「菓子・嗜好飲料は楽しく適量に」で、コマを回すのは適度な運動です。これらが揃えば、コマが安定して回転し、私たちの健康を維持することができることを意味しています。

 コマの本体は、
  (1)主食(ごはん・パン・麺)
  (2)副菜(野菜・きのこ・いも・海藻料理)
  (3)主菜(肉・魚・卵・大豆料理)
  (4)牛乳・乳製品
  (5)果物
 の5つのグループに区分されます。

それぞれについて、成人1人が1日に食べる料理の組み合わせと量を表しています。量の単位は、1食の標準的な量を1サービング(SV)として、1サービングを「1つ」と表記しています。

 1日に摂取する量の目安は、大体、以下の通りで、主食は5~7、副菜は5~6、主菜は3~5、牛乳・乳製品は2、果物は2です。メニューは替わっても、この目安を守っていれば、バランスのよい栄養と必要なエネルギーを摂取できるということです。

食事バランスガイドの使い方
 たとえば、1日のうちの主菜の選び方として、食事バランスガイドに主菜の料理例としてあげられているのは、1つ分=冷やっこ・納豆・目玉焼き、2つ分=焼き魚・マグロとイカの刺身・魚の天ぷら、3つ分=ハンバーグステーキ・豚肉のしょうが焼き・鶏肉のから揚げなどです。

 あなたが朝食で目玉焼きをひとつ食べれば、1つ(SV)とカウントされます。さらにランチにハンバーグステーキを食べると、3つ(SV)が加算され、主菜は3~5が1日の目安ですから、朝と昼で4つ(SV)となり、夕食は1つ(SV)のものを選ぶことになり、ここでは1つ分の納豆か冷やっこを選ぶとよいでしょう。

 朝はパンとコーヒーのみ、昼は焼き魚(2つ分)定食という場合は、夜には3つ分の主菜、豚肉の生姜焼きを選ぶことで、合計5つ(SV)になります。

使い方が判れば、早速、今日からバランスのとれた食生活のために、食事バランスガイドを活用して、健康で美しい毎日を過ごしましょう。

詳しくは、

農林水産省/食事バランスガイド

http://www.maff.go.jp/j/balance_guide/index.html

を参考に、
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://mtesute.blog33.fc2.com/tb.php/84-a22dbe0d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。