スポンサードリンク


エステで素敵な毎日をサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://mtesute.blog33.fc2.com/tb.php/68-a6df5f1e

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

エステで素敵な毎日をサイトトップ >エステ用品 >>練り香水は自作できるのか?興味ありますね。

練り香水は自作できるのか?興味ありますね。

練り香水は自作できるのか?興味ありますね。答えは、「Yes」です。要するに、オイルと香料を混ぜ合わ

せればよいものなので、大掛かりな機械などは必要ありません。容器の中で、オイルを熱して溶かし、

精油を混ぜ、冷まして固めるだけです。加熱の方法は、家庭のガス火でまったく十分です。勿論、十分

に、注意しないと、火傷などの危険はありますが、基本を守れば大丈夫です。

スポンサードリンク


また、ミツロウなどは、常温で固まるので、加熱して溶けたものを、うっかり排水口に流すと、排水口が詰

まってしまい、クリーニングするはめになります。それでも、やってみたいという人は、ホホバオイル、ミツ

ロウ、エッセンシャルオイルを購入し、湯煎に使用する鍋と、・ホホバオイルとミツロウを溶かす注ぎ口が

付いた容器に、撹拌用の割り箸と、作った練り香水を入れる容器を用意します。

まず、溶かし用の容器に、ホホバオイル:ミツロウ=2:1~3:1の割合で入れ、湯煎とする鍋に水を張り、

ガスをつけて暖めていきます。大体5分程度で全体が完全に溶けます。湯煎は、沸騰させる必要などは

ありません。溶けた基材を、蓋のできる入れ物に注ぎ、そこにエッセンシャルオイルを加えてよく混ぜま

す。

目安は、「基材が50gに対して、エッセンシャルオイル10滴」ですが、かなりアバウトで大丈夫です。

ミツロウはあっと言う間に固まりますので、手早く作業することがコツです。固まったら蓋をして、保管しま

す。手作りのものでも、常温で保存して大丈夫です。部屋の中の、なるべく涼しそうな場所で常温保存し

ます。これで、完成です。そんなに面倒ではありませんから、自分だけの製品を作りたいという方は、

挑戦してみてくださいね。




スポンサーサイト

スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://mtesute.blog33.fc2.com/tb.php/68-a6df5f1e

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。