スポンサードリンク


エステで素敵な毎日をサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://mtesute.blog33.fc2.com/tb.php/49-2ec48024

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

エステで素敵な毎日をサイトトップ >エステ材料 >>ハーブの持つ効能と歴史

ハーブの持つ効能と歴史

ハーブ(herb)とは、ラテン語で草木の事を指しますが、一般には、ヨーロッパで薬用やスパイス等として

有用な草全般の事をいい、人々に役立つ植物すべてだと思えば良いかと思います。唐辛子やブラック

ペッパー等の、調味用や薬用に小量使われる草もハーブと呼ばれていますし、香料のような使い方や

リラックスのためのアロマオイルも、含まれます。ハーブには効能の強い物もあり、特にメディカル

ハーブとい呼ぶものもあります。メディカルハーブは生活習慣病に有効だといわれ、糖尿病や高血圧の

症状を改善してくれるものもあります。最近では、癒しを必要としているストレス社会に暮らしている

ペット用のハーブまで発売されています。

スポンサードリンク


薬用と謳われるハーブの中には、効能が強過ぎるものもあるので、利用には注意が必要です。

ハーブはまた食材として味付け、香り付けにも使われたり、お茶(ハーブティー)として使われたりしてい

ます。香りを利用する方法としてはポプリや精油等として使われています。香りの持つ効能も知られて

おり、現在ではアロマテラピーの中で利用されたりします。

ハーブの歴史は古く、ヨーロッパでキリスト教の発祥以前から使われており、ヨーロッパのキリスト教

以前の宗教との繋がりが深いと思われます。ヨーロッパ中世を襲ったペスト(黒死病)の蔓延を救ったの

も、ハーブの知識とされ、ハーブは抗酸化作用が強く、免疫力アップする効能が分かっています。

イギリスでは、ハーブガーデンを始めとしたハーブの知識が多く、イギリスからヨーロッパやアメリカに

ハーブの知識が輸出されています。
スポンサーサイト

スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://mtesute.blog33.fc2.com/tb.php/49-2ec48024

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。