スポンサードリンク


エステで素敵な毎日をサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://mtesute.blog33.fc2.com/tb.php/46-52efee3c

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

エステで素敵な毎日をサイトトップ >エステ >>アロマセラピーによる様々な効用

アロマセラピーによる様々な効用

1920年、南フランスのプロバンス地方において、やけどの傷にラベンダーの抽出油を塗ったところ、痛み

が和らいだことから、植物の抽出油の研究が始まったといわれています。ルネ・モーリス・ガットフォセ

は、主に代替医療方面の技術としてアロマテラピーを研究、発展させましたが、弟子であるマルグリッ

ト・

モーリーは、アロマテラピーを美容方面に活用できる技術として研究し、イギリスに伝えました。

スポンサードリンク


このため、現在のアロマテラピーには大きく分けてフランス系とイギリス系の二つの流れがあり、フランス

系のアロマテラピーは医師の指導のもと精油を内服するなど、医療分野で活用されています。イギリス

系のアロマセラピーはアロマセラピストと呼ばれる専門家によって施されるなど、医療とは区別され、

心身のリラックスやスキンケアに活用されています。日本に伝わったアロマセラピーの方法は、イギリス

系に近いものです。

人類は洋の東西を問わず、植物の芳香を祭祀・儀礼・治療・美容に用いてきました。イスラム圏では

アラビア医学が発達し、蒸留による精油を医学に応用しました。これがアロマテラピーの原型とも考え

られています。精油の香りによって得られる安心感・快感・緊張感・覚醒感・瞑想感などにともなう情動

が、心身のバランスを促すことが期待されます。鎮痙作用、血行促進作用、抗菌作用、免疫強化作用、

利尿作用、リンパ系刺激作用などの作用に加えて、保湿作用、アストリンゼント作用、皮膚をやわらかく

する作用もあります。多様な作用を示すので、この取り扱いには、やはり専門的な訓練を受けた人や

機関での使用が求められるのですよ。
スポンサーサイト

スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://mtesute.blog33.fc2.com/tb.php/46-52efee3c

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。